7月はシカメガキを出荷します

2016/06/20

7月はシカメガキを出荷します

冬のマガキの出荷シーズンが4月末で終わり、はやくも2ヶ月が経ちました。
現在くにさきOYSTERの生産地では、今年の12月からのマガキ出荷に向けた養殖とともに、シカメガキという夏の牡蠣の出荷準備を進めています。

希少な国産シカメガキ

シカメガキは有明を中心として九州原産の品種です。戦後、種苗がアメリカへ渡って北米で養殖され始め、現地でKUMAMOTOと呼ばれるようになり、牡蠣を生食する消費スタイルの欧米人には人気の種類となりました。一方、日本国内では成長が遅く小さいので殆ど養殖されず、市場には出回っていません。ちなみに、写真の大きさになるまで2年間かかっています。
今回は個数が少なく、限られた店舗のみでの提供となります。出荷期間は7月1日から8月上旬までです。ぜひこの機会にお店に出掛けて一度ご賞味ください。

ページトップへ

この記事をシェアする: