シカメガキは小さくても美味しさは別格

2016/06/21

シカメガキは小さくても美味しさは別格

シカメガキは育つのに時間がかかり、養殖も簡単ではないのですが、私たちがシカメガキにチャレンジするのには訳があります。
小さくても、普通の牡蠣(マガキ)よりもずっと甘みが強く、独特の濃い牡蠣の味が楽しめるのです。一粒口に入れたときの驚き。この驚きを皆様にぜひ味わっていただきたい!! 
そんな想いで私たちはシカメガキの生産に取り組んでいます。

とある海外のオイスターバーでは、メニューに下のような「KUMAMOTO」の味の説明がありました。

Creamy & mild briny flavors with honeydew finish,firm texture,favorite for beginners.

さて、国産シカメガキとの違いはどうでしょうか?

ページトップへ

この記事をシェアする: