シンガポール向け輸出スタート

2021/03/24

6年越しの実現

今回輸出されたシンガポールは、「米国食品安全・応用栄養センター」が定める「国家貝類衛生プログラム:NSSP(National Shellfish Sanitation Program)」という安全基準がとても高いプログラムに参加していることから、アジア地域の中では貝類の輸出は難しいと考えられていました。しかし、今回、大分県、国東市のサポートの元、6年越しでシンガポール政府が求める基準をクリアし、大分県では初となる輸出を実現する事が出来ました。

大分県庁へ初出荷を報告

ヤンマーマルシェ株式会社、オストラ株式会社が国東市 三河市長と共に大分県庁を訪問し、大分県 尾野副知事へくにさきOYSTERの初輸出を報告しました

ページトップへ

この記事をシェアする: