生育状況 (9月6日)

2016/09/06

すくすくと

今年2月に生まれた2016年産のマガキは順調に育っています。
ピンポン玉より少し大きいぐらいです。

牡蠣って夏は食べてはいけないの?

と、よく聞かれます。
食べようと思えば一年中いつでも食べられるのですが、今の時期の身は写真のような状態です。透明の身が海水に浸かって気持ちよさそうにゆらゆらと揺らいでいます。
この段階は水牡蠣(ミズガキ)と言われ、食べても薄皮一枚で海水の味しかしません。
冬になって海水温が下がる時期になると、牡蠣は春の産卵時期に向け、急激にエネルギーを蓄え始めます。それが栄養たっぷりで美味しい牡蠣の身になります。
美味しい牡蠣ができるまで、いましばらくご辛抱ください。

ページトップへ

この記事をシェアする: