牡蠣の栄養素が美容にもたらす効果 vol.3

2016/11/07

美肌になりたいならアンチエイジング効果が高い牡蠣がオススメ

牡蠣は「海のミルク」と呼ばれるほど栄養価が高いことで有名ですが、女性の美肌作りにとっても最適な食材であることを知っていましたか?
今日は牡蠣と美容の魅力の第3弾です。

牡蠣には亜鉛が豊富とお伝えしましたが、亜鉛”はホルモンバランスを整える作用があります。
亜鉛はホルモンの分泌を活性化する作用があり、女性のホルモン生成にも大きく関与しています。女性の卵巣には亜鉛がたくさん含まれていて、黄体形成ホルモンや卵細胞刺激ホルモンの働きを強める効果があります。
亜鉛が不足するとそれらのホルモンの生成が抑制されてしまうため、生理不順になることがあるので注意が必要なのです。

今週のレシピ
「牡蠣と季節野菜のチャウダー」

蕪を一口大の大きさに切り、エキストラバージンオリーブオイルで軽く炒めたら、豆乳を入れて蕪に串が通るまで煮込みます。
塩・胡椒・コリアンダーで味付けして、火を止めて、あれば3cm長さに切った蕪の葉と、茹でたハト麦と「牡蠣のオリーブオイル漬け」を入れて混ぜあわせて出来上がりです。

「牡蠣のオリーブオイル漬け」は10/24の記事をご参照下さい。


金子 瑞穂 健康食プロデューサー・料理研究家

ページトップへ

この記事をシェアする: