牡蠣の栄養素が美容にもたらす効果 vol.4

2016/11/11

美肌になりたいならアンチエイジング効果が高い牡蠣がオススメ。

牡蠣は「海のミルク」と呼ばれるほど栄養価が高いことで有名ですが、女性の美肌作りにとっても最適な食材であることを知っていましたか?
今日は牡蠣と美容の魅力の第4弾です。

牡蠣は亜鉛をはじめとしたミネラルが豊富なだけでなく、アミノ酸やビタミンも豊富に含まれています。
牡蠣に含まれるグリシンやアラニンなどを始めとしたアミノ酸は、天然保湿成分(NMF)の約40%を占めており、皮膚の保湿を保つ役目をもっています。乾燥が気になるこの季節に「食べて美味しく」「保湿効果」に嬉しい相乗効果ですね。

今週のレシピ
「牡蠣の白和え」

豆腐はキッチンペーパーで包んで水分を抜きます。生芋しらたきを水洗いして食べやすい長さに切って乾煎りをして水分を飛ばします。豆腐としらたきを滑らかになるまで混ぜ合わせ、エキストラバージンオリーブオイル・塩・胡椒・で味を整えで火を止めて、茹でたはと麦と「牡蠣のオリーブオイル漬け」を入れて混ぜあわせて出来上がりです。


金子 瑞穂 健康食プロデューサー・料理研究家

ページトップへ

この記事をシェアする: