簡単に作れる牡蠣料理レシピ vol.1

2017/03/08

牡蠣で毎日を健康に

牡蠣は「海のミルク」と呼ばれるほど栄養価が高く、且つ低カロリーで、体に負担がかからない優しい食材です。

また、この時期はどこでも手に入る身近な食材のひとつですね。

そんな牡蠣を普段の食事に使い易いように、誰でも簡単に調理できて美味しく食べられるレシピを紹介します。

牡蠣と長ねぎの酒蒸し

[材料] 2人分

牡蠣(生食用)・・・10個分 
※パックの生食用剥き身で構いませんが、殻付牡蠣を使うと味の深みが断然増すのでオススメです!今回は小ぶりの牡蠣を10個使っています

長ねぎ・・・1本分を斜め薄切り   
※青い部分も使います

生姜・・・1片を薄切り

にんにく・・・1個を薄切り

エキストラバージンオリーブオイル・・・適量  
※にんにくがかぶるくらい

酒・・・1/4カップ

粗塩・・・少々

黒胡椒・・・少々

[作り方]

1.エキストラバージンオリーブオイルとにんにくをフライパンに入れ、弱火にかける。

2.1からにんにくの香りがしてきたら生姜と長ねぎと酒を加えて、弱火のまま蒸し焼きにする

3.2の長ねぎがしんなりしてきたら牡蠣を加えて弱火のまま軽く火を通す
※加熱用の牡蠣を使う場合は中までしっかりと火を通してください。

4.粗塩と黒胡椒で味を整えてできあがり

美味しく仕上げるポイントは、生食用の牡蠣を使い、牡蠣を入れてからはさっと火を通すこと。牡蠣のプリっとした食感が楽しめます。

日々の気温の変化で体調を崩しやすくなっているこの季節。
牡蠣のミネラル成分と体を温める長ねぎの相乗効果で体温を上げて免疫力をつけて、簡単に美味しく風邪予防しましょう。

長ねぎに含まれるアリシンという成分は、血液サラサラ効果があり血流を促し手足の先まで血をめぐらせる効果があります。体調を崩しやすい季節にぴったりな食材です。


金子 瑞穂 健康食プロデューサー・料理研究家 

ページトップへ

この記事をシェアする: