7月10日からシカメ牡蠣を出荷します

2017/06/21

8,000個だけの限定出荷です。

マガキの出荷が終わって、はや2ヶ月が過ぎました。
くにさきOYSTERの生産地では、シカメ牡蠣という夏の牡蠣の出荷準備を進めています。
このシカメ牡蠣は昨年の7月に初めて出荷をしたところ、濃厚な味わいが予想以上に好評で2~3週間で売り切れてしまいました。
増産には時間がかかりますので今年も8,000個と数が少なく、限られた店舗のみでのご提供となります。

希少な国産シカメ牡蠣

シカメ牡蠣は有明を中心とする九州原産の品種です。戦後、種苗がアメリカへ渡って北米で養殖され始め、現地でKUMAMOTOと呼ばれ、牡蠣を生食する食文化を持つ欧米人には、その特徴的な濃厚な味わいにより人気の種類となりました。
一方で日本国内では、サイズが小さく成長も遅い(写真のもので2年余りかかっています)ので全く養殖されてきませんでしたが、近年では熊本県をはじめとして、少しずつ養殖する動きが出てきています。
それでもまだまだ生産量は少なく、ほとんど食べられる機会がありません。

※出荷前になりましたら、シカメ牡蠣食べられるお店は、当HPの「取扱い店舗」ページにて「シカメロゴ」を付けて表示します。ぜひチェックして下さい。

ページトップへ

この記事をシェアする: