読んで味わう 「くにさきOYSTER」

新しい味わいの生食用牡蠣

新しい味わいの生食用牡蠣

身や貝柱のうま味、そして飲み込んだ後の鼻から抜ける香り。
牡蠣を食べる醍醐味は、こういった味の変化を感じることにあります。この変化を最も感じられるのが、ひと口サイズの牡蠣を生で食べることです。
独自の養殖方法で育てられた「くにさきOYSTER」は、ひと口サイズの中でも、ひときわ甘味やうま味が強い牡蠣です。それでいて食べた後のスッキリ感が印象的な、これまでにない牡蠣に仕上がっています。

欧米文化圏で好まれる小ぶりなサイズの牡蠣

欧米文化圏で好まれる小ぶりなサイズの牡蠣

生食文化が根付いている欧米食文化圏では、「小ぶりなサイズの方が美味い」と言われています。
一粒に旨みが凝縮されていることから「それだけでひとつの料理」と評される牡蠣。その全てをひと口で堪能できるサイズだからです。
「くにさきOYSTER」がこのサイズである理由も、その旨みを存分に味わっていただきたいからこそ。欧米の生食文化の頂点を目指しているからです。

国東の沖合漁場
国東の干潟漁場

「くにさきOYSTER」を育む豊かな地「国東」

大分県国東市は、瀬戸内海の西端にあたり、太刀魚や蛸など、豊かな海の幸に恵まれた海域に面する都市です。
しかし、近年は漁獲量が減少。「獲る漁業」から「育てる漁業」への転換が進む中、次世代につなぐ新たな漁業の形として、官民が一体となって取り組んだ牡蠣養殖が「くにさきOYSTER」です。
国東半島独自の干潟の多い地形と栄養が豊富な沖合の漁場を使い分け、自然豊かな地を活かしながら高品質な牡蠣が育てられています。

くにさきOYSTERの検査
くにさきOYSTERの梱包

安心して食べていただくために、
徹底した安全性

「くにさきOYSTER」は、ヤンマー(株)マリンファームの技術を用いて、一般的な牡蠣養殖よりも高い品質管理を実施しています。
種苗を生産する段階から管理を徹底し、雑菌が付着しにくい養殖方法で育成。養殖中や出荷前の細かな検査など、安全に美味しく食していただくための、厳しい基準を通過したもののみ出荷しています。

ページトップへ

この記事をシェアする: