くにさきOYSTER 商品紹介

マガキ

Pacific Oyster

※2016年12月~2017年4月の出荷は終了しました

一般的に日本で冬に食されている牡蠣はマガキという日本固有種の牡蠣です。海外ではPacific Oysterと呼ばれています。
「くにさきOYSTER」のマガキは、甘味やうま味はしっかりしているのにスッキリした後味が最大の特徴。また、出荷される12月から4月にかけて味わいが変化するので、生食ならではの味の変化を楽しむこともできます。
牡蠣好きの方はもちろん、生牡蠣が今まで苦手だった方にこそ是非食べていただきたい、牡蠣の概念が変わるプレミアムな逸品です。
味、しっかりとした身入り、安全性、すべてにこだわった最高品質の牡蠣を是非ご賞味下さい。

販売時期
12月から4月の間の販売となります
用途
生食用

(注)
個人のお客様には国東市のふるさと納税のお礼の産品としてのみ注文をお受けしております。
現在、一般販売はしておりませんのでご注意下さい。

CLUB RED 監修 くにさきOYSTERシェフの目利き
シカメガキ

Crassostrea sikamea

シカメガキは、有明を中心とする九州の干潟域に生息する地域種の牡蠣です。日本国内ではほとんど知られていませんが、戦後、種が日本から持ち出され、海外では「KUMAMOTO」の名前で非常に人気のある牡蠣となっています。
一般的な牡蠣のイメージからすると驚くほど小粒ですが、味わいは強い甘みが特徴的で、ワインや日本酒に非常に良く合います。
生まれてから出荷まで2~3年はかかり、さらに小さな身のため、日本国内ではほとんど生産されてきませんでした。ですが、私たちはこの特徴ある味を皆様に味わっていただきたい、広めていきたいと、養殖にチャレンジしております。
国内では希少なこの味わいを、ぜひ一度ご賞味下さい。

販売時期
7月から8月上旬の間の販売となります
用途
生食用

(注)
現在、個人のお客様からのご注文はお受けしておりません。
「取扱い店舗」に記載のお店でお召し上がりいただけます。